千年の都を支えた味、これからの千年を創る味

イベント・新着情報

ニュース 【京野菜ランドに行ってみた!】道の駅丹波マーケス 丹波高原朝採り野菜市

<ここがイチ推し!>

・曜日限定で開かれる朝市には、丹波黒豆の枝豆など京丹波でとれた旬の食材がいっぱい。
・須知高校食品科学科の生徒が手づくりした、アイスクリームやヨーグルトもおすすめ。

<行ってみた!>


・京丹波町の国道9
号線沿い須知交差点の近くにある道の駅丹波マーケス。朝市は、駐車場の南西に建つ「うるおい館」で開かれている。(「本館」と間違えやすいので、朝市の「のぼり」を目印にしてください。)
・生産者の会の皆さんが日替わり当番で常駐していて、お客さんと生産者との交流もみられる、あたたかい雰囲気の店内。

10月は黒豆の枝豆が旬。黒豆が熟す前に早どりしたもので、一般的な枝豆よりもごく大粒で、コクや旨味が強いのが特徴。時期が遅くなるにつれて味が濃厚になり、色々な味わいが楽しめる。こちらの朝市では、11月5日頃まで販売予定。
・黒豆の枝豆シーズンが終わると、年末にかけて特産の「大納言小豆(11月頃~)」や「黒豆(12月中下旬~)」が並びはじめ、冬野菜の出荷も増える。

・近隣にある京都府立須知高校の食品科学科の生徒達が、地元産の牛乳や食材を使って手づくりしている、アイスクリームやヨーグルト(ヨーグルティー)も販売。手ごろな価格なのに牛乳の味が濃厚でオススメ。アイスは「黒豆きなこ」味が人気だそう。
・本館内フードコートでは、特産キノコ(大黒本しめじとはたけしめじ)、丹波牛すじ煮、黒豆みそだれを使ったご当地どんぶり「京丹波ぎゅう茸どん」も味わえる。(どんぶりの都屋:年中無休、10時~20時)

<施設プロフィール>

・住  所  船井郡京丹波町須知色紙田1-1
・電話番号  0771-82-1125(JA京都丹波支店)
・営業日時  火・木・土・日、8時~12時

・京丹波町内で黒豆の枝豆が買える場所の情報はこちら
「京丹波 黒豆の枝豆街道マップ2019」 http://www.kyotamba.org/黒豆の枝豆街道マップ/

<留意事項>

季節、天候等の都合により内容・価格などが左右されることがあります。お訪ねの際は各施設へ直接お問い合わせください。

<参考:京野菜ランドとは>

京野菜をはじめとした京都府産農林水産物を「学ぶ・食べる・買う」ことができる施設を京都府が登録しており、京都府産農林水産物の魅力を満喫することができます。